【レ・ミゼラブル 少女コゼット】 原作との違い

コピペ('-'*


939 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 07:15:54 ID:X1VV5+MP
原作との違い。(セリフとか細かい部分のぞく)
1、来る時は歩きでなく馬車
 (鬼夫妻に金払うから、そっから先は徒歩になる)
2、ファンティーヌはやつれた顔とみじめな服装
 (自分のおしゃれは捨て、コゼットのためにお金を遣っている)
3、ファンティーヌはそこでは仕事を探していない。
 (故郷のモントレイユなら知り合いもいるから仕事もにありつけると
  帰る途中で立ち寄る)
4、子供を預かって欲しいと言い出すのは、ファンティーヌ
 (子連れだと故郷で仕事が出来ないのと、3人が幸せそうに見えたから
  私見だが、コゼットが私生児だという事も理由かもしれない)
マドレーヌのエピソードはオリジナル
ついでに補足すると、ファンティーヌは22歳、この時の手持ちのお金は80フラン  



940 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 07:20:15 ID:jg+yTmZ5
>>939
80フランって現在のお金の感覚でいくらくらい?



941 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 07:47:40 ID:X1VV5+MP
>940
とりあえずここに来る前にファンティーヌは持ち物を全部売って
200フランを手に入れている。借金払って残りが80フラン。
下記みたいなかんじらしい

●このころの庶民生活 (この物語に出てくるものです)
  肉体労働者の1日の賃金 25~30スー
  女性のシャツ縫いの1日の賃金 12スー
  1日分のパン 1~4スー
  1桶の水 1リアール(1/4スー)
  1足の靴下 30スー
  毛糸編みの裾着 10フラン(200スー)
  橋の通行料 1スー
  宿賃(泊まるだけ)20スー 宿の夕飯6スー

上記はコピペ。あと詳しい話は下記で(いまぐぐったw
ttp://www1.u-netsurf.ne.jp/~sirakawa/E028.htm



946 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 08:06:43 ID:nhppi5Kt
>>939
コゼットパパが死んだことになってる、
というのもあるぞ。

原作ではやりにげされただけなのにな。

この調子だと、
ファンティーヌ売春はなしで過労だけで死にそうだ。



950 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 08:31:46 ID:X1VV5+MP
>946
原作でもパパは死んだと鬼嫁に言うんですわ。
ウソをつくわけ。
そこらへんが「私生児が~」と私見を述べた理由。
その時代でもそういう事はやっていけない事とされていたんじゃないかな。

ただ、あのアニメの演技だとウソついてるように見えないから
アニメ設定としては死んだ事にするのかもしれませんなぁ
そこは、もうちょっと見てみないと分からないかな。
(原作ではこの話の前にファンティーヌとパパの話があります)



971 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage 2007/01/10(水) 12:28:14 ID:F2It9tQi
>>939
5.アニメオリジナルキャラのアランや、マドレーヌ氏とのオリジナルの登場シーン

を忘れているぞ。
あと、

6.テナルディエ本人がワーテルローの絵を書いていた

>>940
この辺のお金の換算については、鹿島茂の

『「レ・ミゼラブル」百六景―木版挿絵で読む名作の背景』

という本にくわしい。

原作を読むのがめんどくさい人も、これを読むだけで大体の粗筋が分かる。
当時の挿し絵もなかなか迫力がある。



http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anime/1167970286/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック